ミタニの技術 - ミタニの防災技術

県面積の84%が山間部であり、南側は太平洋に面している高知県は地震、さらには台風や梅雨、大雪など、厳しい自然環境にさらされています。ミタニ建設工業は、地域の皆さんが自然と調和しながら、安心して生活ができる環境を確保するために、最新の技術を駆使、地域を守りたいという強い意志で「防災」「減災」工事を行っています。
(土石流捕捉後の写真)
柔構造物防災バリア
柔構造物防災バリアで
落石や土石流を防ぐ
近年、宅地の開発が山間部へと広がりをみせ、それにつれて山あいを縫うように道路・鉄道網の整備も進んでいます。ミタニ建設工業では、柔構造物研究会の一員となり、リングネットなど(建設技術審査証明取得済)の高強度特殊製法技術の金属ネットを使用した工法で落石や土砂災害を未然に防止し、貴重な人命と財産を守り、安全の確保に貢献します。
(土石流捕捉前の写真)
柔構造物防災バリア実験動画
【リングネット落石防護柵 実験(4種類)】
【インパクトバリア紹介ビデオ土砂実験+落石実験】
【インパクトバリア実物大実験】
【高強度ネット工法】
Copyright © ミタニ建設工業株式会社. All Rights Reserved. with ICU

ページ上部へ